2013-05-05

インコ・小鳥飼育に必要なもの

もちろん愛情です!

いや、そんなことを聞いているわけではないですね(^^*)
箇条書きで書きますと…

  • ケージ(カゴ)
  • 止まり木
  • エサ・水入れ
  • 菜差し
  • おもちゃ
  • ナスカン
  • 移動用キャリー
  • 保温器具

などでしょうか…
順番に詳しく書いていきたいと思います。
イラスト ラブバード

ケージ(カゴ)について…

鳥の種類によって適応サイズは異なってきますので
お迎えする子に合わせたサイズを選びましょう。
一般的に数字として挙げるなら

小型種【セキセイ・ラブバ等】床30~40cm×同等 高さ40cm~
中型種【オカメ・サザナミ等】床45cm~×同等 高さ50cm~

といったところでしょうか、あくまで目安ですが。
ショップの店員さんに聞くのもいいと思います
あまり詳しくない方に質問すると、
結構テキトーに答えられてしまったりするので
ウチの子はカゴを買い換えるハメになりましたが(^^;)

参考までに我が家のコザクラインコ(小型種)は
396 × 297 × 415mm を使用しています。
ちょっと小さめですかね?特に本人は不自由はなさそうです
その前がもっと小さかったですからね;
ウチの子はコザクラにしては体が小さいので大丈夫なのかも?
(ボタンインコサイズです…コザクラなのに!)
成長しきってみたら思ったより大きくなったとかもあり得るので
少し余裕のあるカゴを選ばれたほうが良いでしょう。

糞きり網の下は、パカッと上カゴだけ外れて下敷きを交換するタイプと
スライド式で下敷きが交換しやすいタイプなどがあります。
お掃除するのは飼い主さんですから、お好みの方を選びましょう。

塗装はなるべく無い方がいいです
鳥さんは意外とカゴをガジガジ、ガチャガチャしますので…
うっかり剥げたものを食べてしまったら良くないですよね。

天井がドーム型のものなど、おしゃれなものがたくさん売ってますが
鳥さんにとっては四角が一番いいのではないかと思います。
四角のケージの天井に…逆さまに張り付いてるインコちゃん
とっても可愛いですよ!(^^*)
思わずお腹をつっつきたくなりますが…
落ちたら危ないのでぐっとこらえて下さいね(笑)

箇条書きでは書きませんでしたが
鳥さんが夜に眠れるよう、暗幕があった方がいいです。
もちろん専用のおやすみカバーなども売ってありますが
出来るだけ暗い布で覆ってあげればソレでOKです。

止まり木について

基本は2本かなぁと思います
大体カゴに標準装備してあります。
エサ入れの前に1本と上の後ろに1本がノーマルな設置位置です
ただお迎えした子によっては細すぎる…
なんてこともあり得ますので
しっかりチェックしてあげてください。

鳥さんは止まり木に止まったまま寝ますので
細すぎるとバランスや安定が悪くストレスになります。

またプラスチック製の止まり木などは
鳥さんの爪がとげないのであまりオススメできません。
爪が伸びすぎてしまうと切ってあげなくてはいけなくなりますが
鳥さんの爪切りは、結構危険なのです。
爪には血管が通っていて、誤ってそこを切ってしまうと血が出てしまいます
はじめて鳥さんを飼う人は、上手に補ていも出来ませんので
出来れば切らずに済ませたほうがいいと思います。

またガジガジするのが大好きな子は
止まり木だろうとお構いなしで破壊します…。
最初からついていた止まり木なんかは
うちの子は1ヶ月弱で1/3を粉々に…(^^;)
なので今は自然木の止まり木を使用しています。
おかげか?爪切りも1回もやっていませんが、自然な状態を保っています
自然木の止まり木は、皮は引っぺがされましたが(笑)
さすがに中身まではかじれませんので安心です。

それと我が家では止まり木とは別に
小動物用の「かじり木コーン」を設置しています。
足場兼ストレス発散になっているようです。

エサ入れ・水入れについて

コレもケージに標準搭載されています。
ですが交換したほうがいい場合や、
追加で買ったほうがいい場合もあります。

まずお迎えした子が女の子で
エサ入れを巣だと勘違いしてしまう場合です。
巣があると発情してしまうのです
女の子は発情すると卵を産みます
卵詰まり等の病気の心配も出てきますので
出来れば発情させない環境作りが大事です。
(エサ入れなのにエサ全部蹴りだしたりするし;)

なので入れない大きさや、外付けのエサ入れなどに
交換する必要があったりします。
しかし小さいエサ入れは容易にひっくり返しますので…
イタズラ大好きなんですよね、本当。
外泊時も使えますし、外付けは持っていても損はないと思います。
外泊時、我が家ではバナナ型水入れにエサを入れております…(ォィ)

水入れも色々あります
まずエサを水に浸して食べるのが好きな子…
ウチの子も妹のところのオカメちゃんも大好きなんですが
水がカナリ汚れます…1日に何回も交換して
尚且つ毎回ブラシでゴシゴシ洗わないとドロドロになります。

あと水入れで水浴びする子もいっぱい居ます
周りが水浸しになるので、床が畳だと悲惨なことになります。

水入れを汚されたり、水浴びされたくない方は
やはり外付けの水入れなどをオススメ致します。
その場合は放鳥時や別に外付けで水浴びさせてあげて下さいね
(水浴びが苦手…しない子も居ます。個性ですね!)
くどいようですが我が家の外泊時の水入れは…
小動物用の舐めると水が出てくるアレです(^^;)
理由はバナナ型だとエサ入れられて大変なことになるからです…。

皆様お迎えした子の個性に合わせた環境にしてあげて下さいね。
ちょっと記事が長くなってしまったので
次の項目で次回持ち越しに致しますね。

菜差しについて

エサの項目でも追々書く予定ですが
鳥さんはビタミン補給のために青菜をあげます
この青菜を入れるためのものが菜差しです。

ちょっと深くなっていて
中に水を少し入れて小松菜などを差し込みますが。

我が家では持ってはいますが使っていません!!!!

必要なものとかいっておきながらなんですが…
ウチの子は青菜を全部引っ張り出して
菜差しをひっくり返して遊ぶのが好きなのです…
青菜はダメになるし、遊ぶだけなので
必要なときに手から直接あげています。

やはりこれも個性なので、笑って許してあげて下さいね。



Copyright(c) 2013 とりランド@小鳥サーチ All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme